医療法人定款変更(第1号訪問事業・第1号通所事業)認可申請代行

総合事業開始に伴う医療法人の定款変更認可申請を代行します。
医療法改正に伴う定款変更がまだの法人は、合わせて申請を代行いたします。

オフィス結いでは、下記の手続きを一括して代行いたします。

・定款案の作成
・社員総会議事録の作成
・理事会議事録の作成
・その他添付書類の作成
・代理申請(提出の代行)
・行政とのやり取り
・登記(司法書士が担当)

 

総合事業開始による医療法人定款変更

介護保険法の改正により、介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)が開始します。(自治体により、既に開始しているところもございます)

事業者は、これら総合事業を行う場合は、定款にその旨を記載しておかなければなりません。

株式会社、合同会社のほか、医療法人や社会福祉法人も定款を変更する必要がございます。

 

注意点

1.平成27年3月までに訪問介護・介護予防訪問介護(通所介護も同様)の指定を受けていた場合、みなし指定を受けるため介護保険法上の手続きが必要ない場合(自治体による)もございますが、定款の変更は必ずしておかなければなりません。

2.定款に記載する文言は、概ね下記のとおりになるかと思いますが、必ず市町村に確認しましょう。

<追加する場合>
介護保険法に基づく第1号訪問事業
介護保険法に基づく第1号通所事業

<既存の介護予防を変更する場合>
介護保険法に基づく介護予防訪問介護又は第1号訪問事業
介護保険法に基づく介護予防通所介護又は第1号通所事業

3.介護予防訪問介護、介護予防通所介護も、当面は制度が残るため、定款の目的からは削除してしまわないよう注意しましょう。

 

医療法改正に伴う医療法人定款変更

医療法改正に伴う定款変更
平成28年9月以降、法改正に伴う定款変更をしていない場合は、上記と同時に行うことになります。

 

クリニックの助成金

PAGETOP