探偵業の届出

探偵業の届出

平成19年6月1日以降、探偵業を営もうとする者は、探偵業を開始しようとする日の前日までに、 営業所ごとに、営業所の所在地の所轄警察署を経由して、営業所を管轄する都道府県公安委員会に「探偵業開始届出書」を提出し、「探偵業届出証明書」の交付を受けなければなりません。
   
届出を怠ると無届営業となり、処罰されますので注意が必要です。
(6月以下の懲役又は30万円以下の罰金)
また、欠格事由に該当し、5年間届出ができず、営業ができなくなってしまうことになりかねません。
 
提出書類
(個人の場合)
 履歴書
 住民票の写し(本籍の記載されたもの。外国人は外国人登録原票の写し)
 誓約書(欠格事由に該当しないことを誓約する書面)
 登記事項証明書
 身分証明書(市町村長の証明書)
 
(法人の場合)
 定款
 登記事項証明書
 役員全員の次の書類
  ①履歴書
  ②住民票の写し(本籍の記載されたもの。外国人は外国人登録原票の写し)
  ③登記事項証明書
  ④身分証明書(市町村長の証明書)
  ⑤誓約書(欠格事由に該当しないことを誓約する書面)
 
手数料
探偵業開始届出証明書交付手数料として3,600円が必要です。
探偵業届出証明書の再交付を受ける場合は1,000円
探偵業の変更届出証明書交付は1,500円
  


神戸の行政書士が手続きを代行します。

PAGETOP