子の氏/健康保険の被扶養者

子の氏等

第○条 省略
  2 甲と乙は、丙の氏を○○とすること、及び、丙を母の戸籍に入籍させることを確認した。

子の氏をどちらにするか、子をどちらの戸籍に入籍させるかについては、双方の合意の必要がございません。そのため、上記のような条項は手続き上は記載不要です。確認条項として記載したい場合は参考にしてください。


 
第○条 省略
2 甲と乙は、丙丁がそれぞれ成人に達した時点で、それぞれの氏を選択させることを確認した。

どちらの氏を選択するも、子自身の自由となりますので、あえて記載する必要性はございません。確認事項として記載したい場合は参考にしてください。

 

健康保険の被扶養者

第○条 省略
  2 丙の健康保険は、当分の間、甲の健康保険に被扶養者として加入することとする。

このような取り決めを盛り込むことの妥当性には疑問が残りますが、参考として記載しました。

PAGETOP