年金分割

年金分割

国の年金分割制度を利用し、年金事務所で手続きを行う場合(合意分割部分)は、公正証書の作成又は私署証書の認証済み合意書が必要になる場合がございます。

公正証書を作成する場合は、公証人が文面を作成するため問題ございませんが、合意書を作成する場合は、文面について、厚生年金の場合は年金事務所に、共済年金の場合は請求する共済年金組合に問い合わせた上で、正確な文面を作成しましょう。

特に共済年金の場合は、国家公務員、地方公務員、教員等によって文面が違います。また、それぞれ請求先も異なります。

婚姻期間中、転職等によって複数の年金に加入暦がある場合は、それぞれに対して個別に年金分割の手続きが必要です。
例えば、夫が会社員、妻が公務員の場合、夫の厚生年金のみを年金分割し、妻の共済年金は分割しないということも可能です。
 

年金分割


離婚時年金分割(合意分割)の書き方です
年金分割
 

年金分割・その他


年金分割制度によらない年金の分割です
年金分割・その他
 

PAGETOP