離婚協議書を作成する前に

離婚協議書を作成する前にご確認ください。
 
よく、夫婦自らが作成した協議書を拝見するのですが、目先のことのみを考慮して文面を作成していることがございます。
 
例えば、お子様が小学生だとしますと、小学生である現時点のことのみを考えて文面を作成してしまったために、将来、高校生大学生になったときには全くそぐわない文面になってしまっていることがございます。
 
特に面接交渉の条項にこのようなことが多く見られます。
 
離婚協議書を作成するときは、目先のことだけではなく、この文面が将来に渡って有効かどうかをじっくり考えていただくとよいでしょう。
 
離婚を急ぐあまり視野が狭くなってしまったり、何が何でも早く決着したいとあせってしまったために、目先のことしか見えず、結果として後悔することになってしまうケースがございます。このようにならないためには、第三者の立場から冷静に判断できる専門家への相談や作成の依頼は有効です。
 

PAGETOP