構造設備(一般)

構造設備(一般)

(1)当該製造所の製品を製造するのに必要な設備及び器具を備えていること。
 
(2)円滑かつ適切な作業を行うのに支障のないよう配置されており、かつ、清掃及び保守が容易なものであること。
 
(3)手洗設備、便所及び更衣を行う場所を有すること。
 
(4)作業所は、次に定めるところに適合するものであること。
 
イ 照明及び換気が適切であり、かつ、清潔であること。
 
ロ 常時居住する場所及び不潔な場所から明確に区別されていること。
 
ハ 作業を行うのに支障のない面積を有すること。
 
ニ 防じん、防湿、防虫及び防そのための構造又は設備を有すること。ただし、
製品により支障がないと認められる場合は、この限りではない。
 
ホ 廃水及び廃棄物の処理に要する設備又は器具を備えていること。
 
ヘ 製品(法第十四条第二項第四号に規定する政令で定める医療機器に係る製品を除く。)により有毒ガスを取り扱う場合には、その処理に要する設備を有す
ること。
 
(5)製品、製造用物質(製造工程において中間製品に使用される物(製品の一部となるものを除く。)をいう。以下同じ。)及び構成部品等(製造工程において使用される部品、組立品(製品に使用される物に限る。)、原料、材料、容器、包装、表示物(添付文書を含む。)等であって、製品の一部となるもの及び製品のソフトウエアをいう。以下同じ。)を区分して、衛生的かつ安全に貯蔵するために必要な設備を有すること。
 
(6)製品、製造用物質及び構成部品等(以下この条から第十四条の四までにおいて「製品等」という。)の試験検査に必要な設備及び器具を備えていること。ただし、当該製造業者等のほかの試験検査設備又は他の試験検査機関を利用して自己の責任において当該試験検査を行う場合であつて、支障がないと認められるときは、この限りではない。


神戸の医療機器製造販売等の手続きは行政書士オフィス結いへお問い合わせください。

PAGETOP