行政書士業務

行政書士の業務

(1) 官公署に提出する書類その他権利義務又は事実証明に関する書類を作成すること
(2) 官公署に提出する書類について、その提出の手続及び当該官公署に提出する許認可等に関して行われる聴聞又は弁明の機会の付与の手続その他の意見陳述のための手続において当該官公署に対してする行為(弁護士法第72条に規定する法律事件に関する法律事務に該当するものを除く)について代理すること
(3) 契約その他に関する書類を代理人として作成すること
(4) 行政書士が作成することができる書類の作成について相談に応ずること

※ 上記のうち(1)の業務は、行政書士又は行政書士法人でない者は、他の法律に別段の定めがある場合等を除き、業として行うことはできません

「権利義務に関する書類」とは、権利の発生、存続、変更、消滅の効果を生じさせることを目的とする意思表示を内容とする書類をいいます。
「権利義務に関する書類」のうち、主なものとしては、遺産分割協議書、各種契約書(贈与、売買、交換、消費貸借、使用貸借、賃貸借、雇傭、請負、委任、寄託、組合、終身定期金、和解)、念書、示談書、協議書、内容証明、告訴状、告発状、嘆願書、請願書、陳情書、上申書、始末書、定款等があります。

「事実証明に関する書類」とは、社会生活に交渉を有する事項を証明するにたる文書をいいます。
「事実証明に関する書類」のうち、主なものとしては、実地調査に基づく各種図面類(位置図、案内図、現況測量図等)、各種議事録、会計帳簿、申述書等があります。
 

行政書士業務
 

探偵業届出


探偵・興信所・調査会社を開業するには届出が必要です。
所轄警察署を経由して、営業所を管轄する都道府県公安委員会に探偵業開始届出書を提出します。
探偵業届出
 

車庫証明


神戸市及びその近郊の車庫証明
車庫証明
 

古物商許可


神戸市及びその近郊の古物商許可
古物商許可
 

動物取扱業登録


ペットショップなどの開業に必要です
動物取扱業登録
 

飲食店営業許可


飲食店営業許可、食品製造販売業許可
※有料老人ホームやサ高住の厨房にも許可が必要です。
飲食店営業許可
 

深夜酒類提供飲食店営業開始届


深夜0時以降に酒類を提供する飲食店
深夜酒類提供飲食店営業開始届
 

飲食店の深夜営業


0時以降の飲食店営業について
飲食店の深夜営業
 

警備業認定


警備業を行うための認定です
警備業認定
 

質屋営業許可


質屋を営業するには許可が必要です
質屋営業許可
 

酒類販売業免許


酒類販売業を行うための免許です
酒類販売業免許
 

理容所 美容所


理容所・美容所の開設手続きです
理容所 美容所
 

旅館業許可


ホテル、旅館、下宿などの営業許可です
旅館業許可
 

クリーニング開設届


クリーニング業の開設届です
クリーニング開設届
 

屋外広告業


屋外広告業の登録です 屋外広告の設置業者は許可が必要です
屋外広告業
 

クーリングオフ


クーリングオフの期間は8日です
クーリングオフ
 

その他
建設業許可
宅建業許可
貸金業登録申請
投資顧問業者登録申請 etc

PAGETOP