サービス付き高齢者向け住宅登録申請

兵庫県内の政令指定都市でサービス付き高齢者向け住宅の登録申請をしてきました。

サービス付き高齢者向け住宅は、国土交通省と厚生労働省の共同事業???のようなもので、縦割りを実感できます。

今回は市への申請でしたので、同じ建物内であって、その部署同士の連絡・交流もされているのでスムーズですし、申請のときも建物とサービスの担当者が同席しますので、違和感はありませんでした。
担当者もかなり親切に色々と相談に応じてくれました。

しかし、現在進行中の別の申請は、政令指定都市ではないので、窓口が兵庫県になっています。
建物は兵庫県住宅建築総合センターでの申請、サービス部分は兵庫県の県庁での書類提出という流れになりますが、ここでは縦割感を感じることになりそうです。
既に、色々とありましたし・・・

申請書類は、一部オンラインで入力するのですが、まだ始まったばかりの制度ということもあって、問題も多いです。

建物部分はともかくとして、サービスの部分はわかり難いですね。
特に介護施設や事業所を併設する場合の人員の考え方や夜間の人員の配置をどうするか、サービスの内容など、サービス付き高齢者向け住宅のサービスと介護保険のサービスを分けて考えなければならないところが、少し難しいと感じます。

また、サービス付き高齢者向け住宅で食事サービスを提供することによって有料老人ホームとみなされることになり、老人福祉法の枠にも入ってきます。
何を意味するかといいますと、その監査の対象になってくるということです。
 


当事務所では、サービス付き高齢者向け住宅の登録申請を代行及び計画段階からのコンサルティングを行います。
 

PAGETOP